水電池とは

〜着脱可能電池〜

水電池 編集001

地球上に豊富に存在し、資源の偏在が無く、
環境にやさしいエネルギーを生み出せるマグネシウム。

弊社では東日本大震災の経験を機に、
非常事態への備えと同時に、
また新しいエネルギーを模索した結果、
近年研究の進むこのマグネシウムという素材に着目しました。

水分のみで発電する事が可能なこのマグネシウムを
日本大学と共同で数年をかけて研究し、
当社オリジナルの水電池を開発する事に成功しました。

水電池は環境や身体に
有害な物質(水銀・六価クロム・カドミウム・鉛)を含まず、
またCO2を排出することも無いので、
安心・安全に使用・破棄が出来ます。

当社ではこの水電池を普及させる事で
非常時の備えはもちろんの事、
新たなエコエネルギーの文化を生み出し、
近年叫ばれる循環型社会の形成に寄与する事で
わが国の更なる発展に貢献したいと考えています。

<産学共同開発>

『水電池』は
株式会社ワイ・レビンと日本大学との
産学共同開発です。

<安心安全の国内産>

水電池-工場
株式会社ワイ・レビンの商品は、
千葉県のKIPPOU COMPANY株式会社にて
製造しております。
(写真は千葉県の工場・研究所)