King’s Roar (王の咆哮)

〜世界に2体しかないライオン像〜

Lorenzo Ghiglieri
1987年に作られた、世界に2体しかない大型彫刻のブロンズ像。
高さは3.2m、体長は5.2mです。
もう1体はアメリカ合衆国のインターナショナル・ワイルドライフ・ミュージアムにあります。

著名な芸術家であるLorenzo E. Ghiglieri渾身の大型ブロンズ像です。
見る者を圧倒するこの巨大なブロンズ像を会社のシンボルとして設置すれば
あなたを称える権威の象徴としてお客様に対しても非常に大きなインパクトを
お与えになる事でしょう。

ご興味をお持ち頂けましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。
販売価格は応相談と致します。

制作者紹介

ロレンツォ・ギグリエーリは1931年アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの芸術家である。

ロレンツォは南カリフォルニアの民族に見られる多様性の下で、世界の文化を豊かに吸収していった。
イタリア人である彼の父と祖父は有名な彫刻家で、フランス系ドイツ人の母も優れた芸術家だった。
まだ幼い頃からロレンツォはアートの世界に没頭し、正式な訓練を続ける事ができる奨学金を得た。
彼の芸術家への情熱がレンブラントやヴェラスケス、コロー等巨匠達の作品を研究する事に向かわせ、
多くの時間を費やしてその研究に没頭し、長年に渡って生物の雄大さと力強さを表現する為に
画法の技術を極めた。

彼の多作さと成熟した才能はキャンパスに描かれるだけではなく、
生物のブロンズ像作品にも反映された。
野生の生物の生きる喜びに共感し、危険を冒す事や生存の力強さも感じる類い稀なる造形を生み出した。

ダイナミックな生命力溢れるその作品は世界中の眼識あるコレクターに愛されている。
また、高い芸術性によってブランドイメージを高める為に企業からも高い人気を誇る。

ロレンツォは滅びゆく野生生物や少数民族を憂い、芸術を通してその思いを表現し続けた
アメリカの著名な芸術家です。
世界各国の芸術に携わる人々にとっては服るから彼の名声は知れ渡っており、宝飾品を作る工程と
同等の緻密かつ精密な彼の作品はまさに芸術と呼ぶに相応しい崇高な作品と言えます。